京都芸術大学&アジアフルート連盟特別演奏会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

やっと晴れが続いて夏らしくなってきました。空気と空はなんとなく秋らしさも感じますが。。

雨が深刻に降り続いている最中、わたしは京都と神戸コンサートのために関西へ行って参りました。

2021年8月14日(土)は、京都アルティホールにて、京都市立芸術大学主催・アジア・フルート連盟共催の特別演奏会「アジアのフルーティストたち」が開催されました。

わたしはアルトフルートで参加!普通のフルートよりもアルトフルートは自由に吹けて大好きな楽器です。

播博先生は世界に一つしかないというコントラアルトを演奏!(右から 播博先生、東條茂子先生、横山、荒巻さん)

アルトパートでいつもお世話になっております岡崎先生と、隣にはバスパートトップのれこるとの塩谷!

この時期のコンサート開催において、大変なご苦労とお気遣いがあったかと想像します。

大嶋義実先生、富久田治彦先生、江戸聖一郎さん、関係者皆様に心より感謝申し上げます。

わたしが音大生の時に、草津国際アカデミーでシュルツ先生のレッスンを毎年受講していたのですが、シュルツ先生が体調不良で急遽日本に来れなくなった年に、シュルツの弟子である大嶋先生が代講されて一度レッスンを受けたことがあります。22.23年前の話ではありますが、そのことを大嶋先生に思い切ってお話しさせていただきました(^o^)

あの時レッスンを受けた先生と同じ舞台で共演できるってすごいことですよね。。感慨深いです。

いつも大変お世話になっている、とってもエネルギッシュな富久田先生と2ショット✌️

同じステージで共演させていただいた素晴らしいフルート奏者の皆様、誠にありがとうございました!

2022年8月26日〜28日には神戸でアジアフルート連盟コングレスが開催予定なので、また神戸に行けることを楽しみにしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP