本番での緊張②対処方法

前回、本番での緊張についてブログに記載しました。

緊張を感じたら、具体的にどのように対処したらよいのでしょう?

 

 

緊張すると、まず身体の重心が上がり、喉も狭くなり、呼吸が浅くなります。

この状態を逆転させるように心がけてみましょう。

1.立っている時は、足の裏に全体重を感じて、首を長くして頭と肩の距離を遠ざける。

座っている時は骨盤を立てて、お尻の骨を椅子に突き刺すイメージ。

2.舌の根元を下げて喉を開ける。

3.息を吸うことばかり考えないで、全部吐き切ることを大切に。

吐き切った後→肩の力を入れず、お腹の力を全て解放→ぷくーっとお腹を膨らませる→空気が自然に入る。

この感覚をつかめるように。

 

学生さんは夏休みで、吹奏楽部は一日中練習になるかと思います。

熱中症に気をつけて、水分補給を忘れずに〜^_^

 


埼玉県狭山市の「横山フルート教室」、月曜、水曜、土曜、日曜で生徒募集中です。

フルートが初めての方から、音楽大学進学希望の方、子供から大人の方まで、幅広い年齢層の方が通っております。

詳しくはこちらをご覧くださいませ。

横山フルート教室

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


横山聡子Facebook

CD~アレーズ

PAGE TOP